2018.07.01ジオパーク紀行

海と大地の鼓動を刻む 三陸ジオパーク

 

天の川と三王岩   写真提供:  第2回藤田弘基写真コンテスト入賞作品(撮影/阿部洋一)

青森県八戸市から岩手県を縦断し、宮城県気仙沼市まで南北約220㎞、東西約80kmのエリアに広がる日本最大のジオパーク。海岸特有の自然景観など48の見所を持つジオの宝庫です。今回は北部エリアを中心に、三陸ジオパークの杉本伸一さんにご案内いただきました。

自然の力の造形美「浄土ヶ浜」

自然の力の造形美「浄土ヶ浜」

自然の力の造形美「浄土ヶ浜」

江戸時代、「さながら浄土のごとし」と霊鏡和尚(れいきょうおしょう)が感嘆したこ三陸ジオパークとから名付けられたといわれる「浄土ヶ浜」。三陸を代表する景勝地のひとつです。

切り立つ白い岩肌と青く澄んだ海、そこに緑の松林が添えられ、日本らしい自然の造形美を感じることができます。

なかでも、ひときわ目を引く白い岩。この岩の正体はマグマが冷えてできた流紋岩です。

約5200万年前、恐竜が絶滅した後の時代、マグマが上昇し、地表近くで鏡餅のような形に固まりました。その後、地殻変動により地盤が隆起し、永年の波や風の侵食を受け、現在の景観が作られたといわれています。

写真提供:PIXTA

岩肌には、マグマが冷却固結する時にできる柱状の割れ目(柱状節理)以外にも、マグマが流れた模様(流理構造)が残っています。模様をじっくり観察すると、遥か昔、岬全体が鏡餅のように丸いマグマだったことが窺えます。

穏やかな波音とウミネコの鳴き声が聞こえるこの浜では、ゆったりとした時間が流れています。ところが夏になると風景は様変わり。海水浴を楽しむ多くの人で賑わう場になるそうです。

 

三陸の魅力を解説!

三陸の魅力Q123

Pick up!

三陸ジオサイト2

写真提供:PIXTA(三王岩)

もっと知りたい!

 

The following two tabs change content below.
JHS LIBRARY 編集部

JHS LIBRARY 編集部

一人でも多くのお客様の安全・安心な住まいづくりを支えたいという想いから「JHS LIBRARY」を制作しました。地盤から法律知識、住宅会社様のユニークな取り組みなど様々な情報をお届けします。

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)