2017.10.01TEAM JHS

地盤解析部 沈下事故をなくす。過剰な杭打ちをしない。両立のために技術を磨いてきました。

内山さん

内山雅紀部長 1級土木施工管理技士/地すべり防止工事士/地盤品質判定士 2006年ジャパンホームシールド入社、技術部に所属し、住宅会社様の技術的相談などに応じる。2012年 より同社地盤解析部、現在に至る。趣味はゴルフ、ピアノ。地質も好きだけど、天体も好き。

取材・文 = 金井友子(新建ハウジング)

今や150万棟の地盤調査・解析実績を誇るジャパンホームシールド(JHS)。その中枢を担うのが、膨大な地盤情報と独自の解析・判定システムを操る31人の「解析マン」たちです。適切でバラツキのない判定を可能にしているのは何か。彼らを束ねる内山雅紀氏に話を聞きました。

同じ地盤でも異なる判定結果が出るって本当?

そもそも地盤は工業製品と違い、現場ごとに品質が異なるうえ、人が目に見えない土の中を調査・解析するものなので、どうしても判断にバラツキが生じやすくなります。特に、その根拠となる基準、解析者の経験・スキルが一定でないと、判定結果が割れることに。

また、一番怖いのは沈下事故ですが、事故防止のために安全側に寄り過ぎた判定をすると「要改良工事」ばかりになってしまいます。過剰な杭工事は予算や工期に影響し、住まい手の不利益につながることも。解析には“良い塩梅”が必要です。

地盤解析業務

地盤解析業務は2画面で行います。

地盤調査データと土地情報や、現在と過去の航空写真等を効率的に比較することができます。

 

 

 

 

どんな調査・解析会社を選べば事故リスクを減らせる?

経験豊富な“地盤の目利き”がいる調査・解析会社は、“良い塩梅”で、信頼に足る提案をしてくれるはず。ただ、ベテランが抜けた途端に杭工事が増えたという話もよく耳にするので、人材頼みの会社にも課題はあります。

一番良いのは“地盤の目利き”を揃えつつ、一方でバラツキの出ない仕組みが構築されていること。当社では「Report.JHS」と呼ばれる独自の解析基幹システムで地盤に対する多角的な分析を効率的に行っています。

さらに、60項目以上の解析基準を定め、バラツキのない判定を実現しています。 最終的には、解析課内で第三者チェックを行い、人為的な判定ミスを防止します。

「沈下事故を起こさない」「過剰な杭を打たない」の2本柱の両立を掲げて、日々解析業務に従事しています。

 

解析基幹システムを駆使し、地盤情報を総合的に分析

JHSでは、住宅会社様が記入した地盤情報、地盤調査結果、複数のデータを総合的に分析し、改良工事の要不要判定と適切な補強方法の提案、敷地の状況を詳細な報告書にまとめて提出します。

解析マンが行う作業工程は全部で約50項目あり、従来はすべてを人の経験値だけに頼っていたため、判定のバラツキが沈下事故につながってしまうこともありました。「Report.JHS」システムの開発以降は人とコンピュータが協力し、それぞれがうまく分業することで、効率的かつ均質な分析を可能にしています。

地盤の良し悪しは、地盤調査データの数値だけで単純に割り切ることができません。たとえば全く同じ強度(数値データ)の土があったとしても、それが安全か危険かは、また別の要素でも判断する必要があるのです。

私たちが念入りに見るのは地形の改変。なかでも盛土の造成時期は重要な判断材料です。ごく簡単にいうと、盛土が新しければ危険、10年以上経過していれば安全と判断します。さらに、地形図、地質図、土地条件図、旧版地形図などさまざまな資料を総合的に検討し、精度の高い判断につなげます。

150万棟の解析実績と、約100万棟にのぼる全国の地盤情報データベースは、当社にしかない大きな強みです。沈下事故が発生した地盤情報を把握し、事故が発生しやすいエリアを知らせるアラーム機能も「Report.JHS」には組み込まれています。また、液状化調査の提案も得意とするところです。

一般的な地盤調査といえば、「スウェーデン式サウンディング(SWS)試験」ですが、当社が採用する「スクリュードライバーサウンディング(SDS)試験」は、土質の推定も可能。土質が砂か粘土かで判定結果は大きく変わってきますから、住宅地盤にはSDS試験をおすすめしています。

地盤調査機械

SDS試験機による地盤調査風景。

ローコストで土の種類や地層を明らかにする地盤調査方法。液状化の簡易判定も行うことができます。

 

 

 

 

 

 

社内教育も充実。判定根拠も丁寧に説明。

地盤解析部では、部署を挙げて解析マンたちの資格取得、スキルアップを後押ししています。

まず「住宅地盤主任技士」を一つ目のステップとして、その上位資格と考えている「地盤品質判定士」の取得をめざして社内勉強会や模擬試験を開催しています。

結果、地盤品質判定士は部内の3割にあたる28人が取得。この数字には、「地盤のプロフェッショナルをきちんと育てたい」という当社の姿勢が色濃く反映されています。

また、解析マンの判定スキルを上げるために、ボーリング調査とSDS試験を同一箇所で実施して土質を判断する演習をはじめ、「実物に触れて正解を知る」という訓練を継続的に行っています。なにより、土木や建築業界の経験者が多く、地盤や地形に興味のある人の集まり。1人ひとりが誇りをもって解析していますので、判定結果や改良工事の方法やお施主様への説明の仕方などでわからないことがあればどんどん聞いてください。

北・東日本メンバー

 

西日本メンバー

西日本メンバー

お客様を第一に考えて、沈下事故撲滅に努め、豊かな住生活に貢献します。

The following two tabs change content below.
JHS LIBRARY 編集部

JHS LIBRARY 編集部

一人でも多くのお客様の安全・安心な住まいづくりを支えたいという想いから「JHS LIBRARY」を制作しました。地盤から法律知識、住宅会社様のユニークな取り組みなど様々な情報をお届けします。

このエントリーにコメントする